韓国向けの産業機械(工作機械・産業用ロボット・他、11種24品目)は製品安全規制 「KCsマーク」 の対象となります。 韓国産業安全公団(KOSHA)との連携によりKCsマーク要求事項をすべてサポートします。

KCsマークとは?

KCsマーク

韓国の製品安全規制です。 KCsマークの自律安全確認申告(*1)対象製品が2013年3月1日から拡大され、工作機械や一般産業機械も対象となりました。

対象製品(2013年3月1日〜)

 ●産業機械/器具(11種24品目)
研削盤・研磨機・産業用ロボット・混合器・破砕機・粉砕機・コンベア・自動車整備用リフト
食品加工機械(破砕機、切断機、混合機、製麺機)・工作機械(旋盤、ドリル機、
平削/形削機、ミリング機)・木材加工機(丸鋸、カンナ、ルータ機、帯鋸、面取機)
印刷機・気圧調整室
 ●安全装置(8種)
アセチレン溶接/混合ガス溶接装置用ブレーカ・交流アーク溶接機自動感電防止装置
研削盤用カバー・ローラ用非常停止装置・産業ロボット用安全マット
木材用丸鋸盤反動安全装置・ブレード接触保護装置・手動供給カンナ盤のナイフガード
一時的防護装置/器具(旋盤のメインステー、単一パイプ足場のパイプ、固定式基礎板
その他)
 ●個人用防護具(4種)
安全認証対象品を除く安全帽・保護ゴーグル・保護面・潜水器具
  (*1) ... KCsマークには下記の2種類のカテゴリーがあります :
「安全認証」・・・・・・
KOSHAによる認証が必要です。
「自律安全確認申告」・・・
メーカーが主体となり製品安全検証を行い、結果をKOSHAに申告し承認を受けることが必要です。


韓国雇用労働部発行のNotification No.2012-33、2012-46にはそれぞれの対象製品に対する要求事項が提示されており、これに従った安全性検証を行うことが求められます。

CNC研削盤の例:
・ 実機試験の実施(電気安全試験・EMS試験・機械安全査定)
・ 韓国語版 取扱説明書の制作
・ 申請書類と添付資料の提出、他

当社ではKOSHAの公認により、KCsマーク取得支援を支援しています。
KOSHAとの緊密な連携体制により、御社のKCsマーク貼付を100%バックアップします。


ホーム | 事業案内 | 会社案内 | お問い合わせ | プライバシーポリシー | サイトマップ